引越し業者の規模

運送会社に勤める

社会人の一人での引っ越し

学生のお引越しの場合、大学入学時に一人暮らしを始める場合、このときに引越し業者を利用される方というのは少ないです。部屋を借りてから、そこを拠点に家具家電を揃えますので、自宅から何か持ってくのは少ないので、親の車に積んでもらったり小物類は運送業者にダンボールで運んでもらうなどができます。引っ越し業者を必要とするのは、進級時にキャンパス変更になる場合です。そのときに新しく部屋を借り直す方も多く、単身で引っ越すことになります。大学4年間しかその家具や家電を使わないのであれば大手の業者に依頼するとサービスや人員も多いのでどうしても高くつきます。社会人になったらどうせ買い替えるのであれば、個人の業者や小規模の業者のほうが単身の場合だと安くできることがあります。

社会人の単身での引越しとなると、会社の命令で転勤をすることになった場合や単身赴任などがあります。会社の命令なのであれば、引越しにかかる費用は普通会社が経費として支払いますので、支払うといっても後日精算となる場合が多いです。しかし、会社によっては引っ越し業者であればどこでもいいというわけではなく、きちんと複数社から見積もりをとってその中で安い業者にしなさいと条件がつくことがあります。経費削減のためにも、複数の業者から見積もりをもらうことは基本中の基本なのですが、あまり引越し日まで時間がないとなると1社ずつ見積り依頼するのは手間がかかります。そこでインターネットの一括見積サイトです。一度で複数の業者に見積もり依頼ができます。