単身赴任と引っ越し

書類を片付ける

1人での引越の特徴とは

単身者の引越しは複数人で引っ越すよりも当然料金が安くなっています。やはり荷物の量が少ないですし、単身の分、家具家電のサイズなどもある程度小さいからです。それから、単身者が新しい引越し先に移動する場合、その引越し先もワンルームから2DK程度が殆どです。そうしたこともあって、料金は5000円〜20000円程度の費用になります。 もちろん長距離の引越しを行うような場合には単身者であっても100000円を超えることもありますが、それは非常に稀なケースです。また1人であっても、家電の取り外しなどについては通常料金なので、別途1000円〜5000円程度発生することもあります。 基本的には荷物が少ないので加算料金が少ないため、おおよそ20000円程度で収まることが殆どです。

単身者の引越しは、荷物量が少ないということが特徴です。荷物が少ないということもあって、実際の引越し作業の時には、他の単身者の引越し荷物と一緒に合わせて運搬するということもあります。これらが単身者の引越し作業が比較的ローコストで行われる理由です。 それから、単身の場合には、引越の見積りを直接部屋に訪れて行わないようなケースもあります。荷物が少ないということもあって、電話やメールなどで見積りをするだけということもあります。家族の引っ越しなどに比べると比較て身軽に行えるというのは1人用引っ越しのセオリーとも言える部分です。 単身パックにはいくつか種類があるようなケースもあり、引越し業者からしても、かなり力を入れて取り組んでいるサービスの1つなのです。